*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【無言と苦言 どっちが怖いのか?】
おはようございます。

本日快晴??でもないか…曇りのさいたま市です。
今日も元気に仕事してまいります!


来週は、スタッフ1名が新婚旅行で1週間不在。
私は金曜日午後から出発し、土日勤務で火曜日か水曜日まで
福島県いわき市へ5年目になる被災地支援の仕事出張が入ってて、休みなく回す感じになります。

でも、「健康で、仕事があるってことはいいことだよ!」と言ってくれるスタッフと家族に背中を押されて頑張ります!
みんなも頑張っています。

ここ1週間で、16年くらい前にシングルマザーになって以来、
家族に人生最大の出来事がありました。
そんな中でも、変わりない日常の中にあった2つの出来事を綴ります。

テーマは2つ
①「行政書士の仕事で忙しいから、ご質問はメールかFAXにしてください。」
②「こちらが○時○分と誤って管理してしまって、他の受講生をこの時間に入れてしまったので、娘さんの受講時間をずらしてください。」

①「行政書士の仕事で忙しいから、ご質問はメールかFAXにしてください。」事件

ある労務管理ソフトの会社さんのサポートに連絡しました。
年間保守料も払ってますし、その他にマイナ○-○-なんてソフトも毎月○万円も払って使っています。
サポートに電話したところ
「今、行政書士の仕事で忙しいから、社労士のご質問はメールかFAXにしてください」
とのこと。
この会社さんのサポートは正直繋がるほうが奇跡なくらい普段から通じません、しかも何年も。
やっと捕まえたら、この言い草…
柔和なスタッフもさすがに「・・・・」という感じでした。

OBCやDELLのサポートでこういったことを言われたことがありません。

お仕事は、誰でも忙しい。
腹の中で思っていても、言っていいことと悪いことがあるのではないでしょうか?

我々スタッフとも話しましたが、ま、言っても仕方ないから無言で…ということになりましたが、
ここには記させていただきました。
そろそろ労務管理ソフトの換え時なのかもしれません。
ランニングコスト考えても、こんな言われ方はないし、
お客様サポートなのに、その方が不親切では頼りにできないですからね。


②「こちらが○時○分と誤って管理してしまって、他の受講生をこの時間に入れてしまったので、娘さんの受講時間をずらしてください。」事件

○○○ミュージックサロンに幼稚園教諭を目指す娘がレッスンに通っています。
3月から始めたのですが、高校へ入学すると土曜授業があるため時間を変更してもらいました。
かれこれ変更してから1か月以上通っています。
昨日、このミュージックサロンから電話がありました。

「すみません。冨樫さんのお子さんの登録を○じ○分でしてあったのですが、そこに新しい受講生を入れてしまいました。
つきましては、お時間を○じ△分に変更して頂けませんでしょうか?」

冨樫「は?何をおっしゃっているのかわかりません。管理ミスはそちらの責任でしょ。
だったら、その後に入ったお子さんのところに調整をお願いすべきじゃないの。出なおして電話してきてください。」

と言い放って終わりました。
そもそも、うちの子1か月以上前からその時間に通っている既成事実があります。
受付もしていますから残っているはずです。
慣れない高校生活で、てんやわんやしながらも、
やっとスケジュール通りに毎日が安定してきているところに、今さら何を…
そもそも、あとから入った人に依頼するのが筋じゃない?と思いました。

その後、直ぐに電話が来ましたが、病院へ行かなければならないので無視したら、
自宅に「申し訳ありませんでした。そのままで結構です。」と連絡があったとのこと。
2分も経たずにそんな電話が来るくらいなら、最初から電話するだけ無意味だったね…

無言(サイレントクレーマー)

苦言(モンスター○○○○○?)。

どっちが怖いですかね。
(多分私の場合はどっちも怖い 笑)

【編集後記】
昨日は久々にヤマを走ってきました。
ニューサンピア埼玉おごせ~横吹峠~黒山三滝~傘杉峠エイド(11.4km)~関八州見晴台~ぶな峠エイド(16.4km)~大野峠エイド(21.0km)~高篠峠(22.6km)~白石峠(23.9km)~(ここからは行きたい人だけ)堂平山~白石車庫バス停(29.5km)

奥武蔵 堂平山付近
20160515.jpg

刈場坂峠(もちろんチャリは他人様のものです。)
20160515_1.jpg

約30キロ位です。
ほとんどだれとも話さず、温泉も入らずとんぼ返りでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【“1日1回の”愛の1クリック】よろしくお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村



※当ブログおよび当事務所ウェブサイトの内容に関するご質問については、
メール、電話その他一切のお問い合わせをお受けできませんので何卒ご容赦ください。
内容についても(特に古いものについては)度重なる法改正がありますので、
現状ですべてが正しいものであるとも限りません。
ご質問等は、該当する行政機関等に直接お問い合わせください。
関連記事
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
28位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。