*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【なぜバレー部を途中退部したか?~「27人で取ったメダル」に思う~】
おはようございます!

ところでさんざん、私が「不良だった」「授業を抜けだして丸井のバーゲンに行っていた」のなんだのと
言われる理由の一つに
「部活動をやっていなかった」ことがあげられると思います。

高校時代はバドミントン部に所属していましたが、3年間で参加したのは7日でした…

しかし、中学校時代は1年生のときからバレー部に所属し、2年の終わりまではまじめに続けていました。
しかも、いつも市の大会で優勝とかして、県大会に行くような割と強いチームだったので、
放課後に中学の体育館で練習した後、次は市民体育館に場所を移して、夜の9時まで練習していました。

夏休みには、少年自然の家とその近くの中学校の体育館を借りて、
合宿をしたものでした。

当時の中学校の部活動で、ここまでやっているところは割と少なく
親も巻き込んで、当番制で体育館にパンを運んだり、遠征や練習試合の送り迎えなど
させられていました。

学校指定以外のお揃いのジャージを買ったり、本当にお金も時間もかけて練習していました。

さて、私の背番号は「7」

バレーボールはレギュラーは6人です。
つまり、私はいつもレギュラーになりきれない7番手の選手。
そして、ポジションも(今と同じ??笑)「オールマイティ」
つまり、拙著にも書きましたが得意なポジションがなく、
アタッカーも、セッターも、レシーバーもすべて交代選手として入りました。

強化合宿や試合直前では、6人がメインで練習をするので、
我々控え選手とその他にもまだいるおおよそ50名程度の部員は、
彼女たちが練習するコートの周りで、声だしとボール拾い…

監督は、非常に激しく、
親の前でも構わずにボールが拾えない選手に、
監督が座っている椅子を投げたり、ボールをカラダや顔にぶつけてくるような人でした。

私もどれだけぶつけられたか、わかりません。

過呼吸になる人、泣きじゃくる人…
沢山いました…
私ももれなくそういうことがありました。
スキー合宿に行って、足を捻挫してきたらエラく怒られました(笑)

それでも歯を食いしばって「はい!はい!」と言いながら部活をやったものでした。

そんなにしても頑張っていられたのは、「アメとムチ」的なモノ。
合宿に行けば、おいしいスイカが食べられるとか、夜8時の練習休みの時にはパンが食べられるとか…
(食べ物ばっかりだけど…)
あとは、共に頑張れる仲間がいたことでしょうか…

そんな部活を集団退部したのは2年の終わり。
3年の4月初旬には、大きな大会があって、これで3年生の出番は終わり!という
あと少しのところで集団退部しました。

それは、監督の一言でした。
あるとき、ボール拾いをしていた我々にこう言ったのです。
(詳細な場面までは覚えていないのですが…)

「いいか!バレーボールは6人いればできるんだぞ!」

この言葉が強烈に耳に残りました…

どういう意味で言ったのか、捉え方はそれぞれあると思いますが、
少なくとも私と集団退部をしていったメンバー20数名には、その意味が否定的なものに聞こえました。

この2年、どんなに頑張ってもレギュラーはいつも固定、背番号も固定、
私たちはレギュラーにはなれなかったのです……だからこそ否定的にもなりました。

所詮、まだ中学2年生。
そんなに大人じゃない、物分かりも良くないです。

「だったら、玉拾いも自分たちでやれよ!」

そういう思いが溢れたのでした。


今回のオリンピックで、
競泳男子のキャプテン松田選手が
400mメドレーリレーで銀メダルを獲得したときにおっしゃっていた「27人で取ったメダル」

これこそチームプレーに必要な考えではないかと思うのです。
基本的には、個人プレーである競泳ですが、団体ではこのように発言できるキャプテン。
きっと、指導者もこういう指導をしてきたんだろうなと思います。

私が退部したときの監督の発言を
今、この年齢になって振り返っても、
「もうちょっと言い方があったのでは?」と思うところです。

最近ランニングをしていると、久々にその時の監督らしき「おじいちゃん」がいました。
すっかり弱々しくなっていて、足元もおぼつかないような散歩でした。
しかし、残念ながら声をかける気にはなりませんでした…

チームプレーであるバレーボールの監督である以上、
全員で戦っているんだという気持ちを選手以外の人にも持たせてもらいたい。

監督(コーチ)によって、人はいくらでも変えられる。

そう思います。

競泳男子の勝因はこれもひとつかも知れませんね!
お見事!松田キャプテン☆監督☆27名(&それを支えてきた皆さん)

最後までお読みいただきありがとうございました。

【“1日1回の”愛の1クリック】よろしくお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録もいたしました。年齢は…自分ではそうでもないと思っていたのに…昭和の音楽が心に響くいい年頃、熟年?一応名ばかり女性社労士で中身は男前と言われ続け、もうどうにも止まらない…(-_-;)。
仕事に対する姿勢はスピーディーと親切丁寧を心がけ、真面目にやっています。子供1人(反抗期継続中。)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
890位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
30位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。