*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<10 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
【「時間が余っちゃった...じゃ、22年分もやる?」@年金事務所職員の一言】
こんにちは。

書きたいことは山ほどあるし、写真も入れたいのですが、
とにかくいまは社労士の繁忙期!
すみません。
今日はテキストだけでお送りいたします。

先日、年金事務所の算定基礎調査がありました。

会社に来て、
・賃金台帳
・源泉所得税の納付書(領収証)
・源泉徴収簿
・出勤簿
・被保険者資格喪失等、年金事務所に提出してきた書類一式
・就業規則

を見てチェックされます。

会社に来る前に、これらの書類を過去2年分準備せよ!という通知が来ます。

これは保険料の徴収時効が2年だからということによるものです。

会社に来る!というのが私の過去の経験からまったくなかったのですが、
今回は会社の人数規模が大きいということで、そうなったそうです。

年金事務所の職員は合計3名。

調査時間は2時間とっておくように言われました。


私は調査の立ち会いでした。
(普段の給与計算や手続きは会社さんが担当しています。でもしっかりしているので全く問題ありません。)

まず、平成23年分の算定基礎調査から入ります。
これは、平成23年の算定が、賃金台帳に基づいてきちんとした処理がなされているかをチェックします。

以前、「賃金なんてチェックしないから、安くしておけばいいよ!」
とおっしゃった社長がいらっしゃいましたが、そういうのがまかり通らないようになっています。

その瞬間、私は顧問契約を解除しました。
嘘は嫌いです。真実を書くべきです。
これは社労士としてもそうですが、一人の人間として。


さて、話を戻します。


23年の調査に約1時間。
見ていると、3人のうち1人はほとんど何もしていません。
(人数余ってんじゃないの?と思ってしまいました。)

1時間の間に、調査で見られたものは

・算定が正確な数字で届出がなされているか?
・賞与支払届が嘘偽りなく正確な数字で行われているか?
・月額変更が、正確な数字とタイミングで提出されているか?
・加入漏れ(未加入者)の捜索

です。

1時間で終了した年金事務所の職員さんのうち、その3人の中のトップが
「時間余っちゃった。。。どうします?」
と隣の職員にコソコソ...

「じゃ、22年分もやりますか?」

「では時間が余ってしまったので、22年分も拝見します。」

と言ってきた。


会社担当者も、私も愕然としたが、あえて口に出さなかった。

というか、そもそも2年分の書類を準備しておくように!と言っているのだから、
腹の中で時間が余ったと思っても、それは口に出さずに、「では、次は22年分も確認します。」
でよかったのではないか?と思う。

それがなぜ「時間が余る」という感覚になるのか?
そしてもし余ったのならば、22年分をやらなくて良いのであれば、その時点で退散すべきだと思う。

中小企業の1時間、1分、1秒は勝負だ。

年金事務所の職員さんのように、時間を帳尻合わせして、帰る時間を操作している時間はない。
なぜそこまで、相手に都合を合わせなきゃならいのか?
2時間という時間を確保して、会議室も確保して、十分書類も準備して協力している。

「余る」とは聞き捨てならない。

時間に「あまり」なんてないのです。

中小企業にかぎらず、大企業だって、フリーランスだってみんな同じだ。

職員さんのこういう発言によって、日本年金機構全体が国民からどういう評価を受けるのか
今一度考えていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【“東北頑張れ!”愛の1クリック】お待ちしています。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録もいたしました。年齢は…自分ではそうでもないと思っていたのに…昭和の音楽が心に響くいい年頃、熟年?一応名ばかり女性社労士で中身は男前と言われ続け、もうどうにも止まらない…(-_-;)。
仕事に対する姿勢はスピーディーと親切丁寧を心がけ、真面目にやっています。子供1人(反抗期継続中。)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
27位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング