*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【「自分の家で死にたい」と言われたら読む本@Run仲間の関屋利治さん出版☆】
駅伝(ランニング)仲間の関屋利治さんが、本を出しました!!

240201_1.jpg

【「自分の家で死にたい」と言われたら読む本】

これは、1年半前に末期がん(悪性リンパ腫)のお父様を
ご自宅で看取った記録です。

看取るまでの在宅看護・介護の様子、
そして、それに関わる介護保険の利用方法、医師の選び方など、こと細かに書かれています。

社労士の関屋さんならではの観点で、
介護保険についても詳しく書かれているので、
自宅で看取るまでの日記としても読めるし、プラス介護保険の知識も身につきます。

なんといっても途中に出てくる、お母様の日記が
ホンネで書かれていて、感動してしまい、何とも言えない感じです。

お父様の「病院はいやだ、早く家に帰りたい」の一言から始まった、在宅介護。
本当は大変だったのかもしれませんが、ご家族はそれを楽しんでいました。
お父様が最後に残した言葉は「言うことなし。ありがとう…」

数回深い呼吸をして、ご自分の遺志を貫き、自宅で息を引き取られました。

延命治療も望みませんでしたので、無理な治療はありませんでした。
延命措置を取ると、なかなか人工呼吸器も外すことができなくなります。

ですから、延命治療を望まない場合は、
「食欲がなくなることも自然なこと」と捉えたり、
「救急車を呼ばない選択もしなければならない」など、
心構えについても教えてくれています。

また、自宅での死は、変死と捉えられ、「死亡診断書」が「死体検案書」になってしまうところも、
普段から「訪問診療医」のお世話になっていれば、その必要がないなど、
まさに「死」を目の前で看取った人しか分からないことがたくさん書かれています。

きっと皆さんの周りでも、
「自分の家で最期を迎えたい」という方が多くいらっしゃると思います。

この本が、これから「在宅で看取る」ことをお考えの皆様の一助になることは、
間違いありません。

そして、アマゾンキャンペーンが、本日2月2日、午後9時からスタートです!
240202_2.jpg

期間は、2月2日の21時~2月3日の23時59分までです!

サイトのURLは⇒http://ones1.biz/campaign/

上記サイトに行けば記載がありますが、
下記のように、キャンペーン特典が、豪華です☆
240202_3.png

臼井由妃さんや小林裕美子さんの特典が付くところは、
さすが関屋さんならではだな~と思います。

本書のイラストも小林裕美子さんなんですよね。
とてもほっこりします♪



この本を読んで、在宅介護に関する考え方も変わりました。
自分自身もこのような時期が訪れるとしたら、
ヘルパーさん、介護保険、医師なども上手な利用をして、
無理なく、患者さんにも周りの家族にも優しい介護をできたらいいなと思います。

関屋さん……
いつも走っているときは、おバカなことばっかり言っている明るい人なので(←失礼・笑)
知らないところでこんなに大変な思いしていたこと、知りませんでした。

でもきっとこの経験があるから、私たちにいつも笑顔で接してるんだな~と思います。

この本の中でも「笑い」が特効薬だと書かれています!

最後までお読みいただきありがとうございました。

【“東北頑張れ!”愛の1クリック】お待ちしています。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


関連記事
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
816位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
26位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。