*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<10 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
【第三者行為災害でも、労災の特別支給金の手続きをしてください。】
お疲れ様です~♪

冬の夕暮れは空がキレイですね~。
221217_1.jpg
流れ星が見えたらもっといい感じなのに...

今日は金曜日、忘年会真っ盛りですね!

私は1人クリスマスを堪能中。
221217_2.jpg
絶好調社労士 代々木の福島さんが、先日チーム神奈川みんなに配ってくれました。

温かい心配りですね。


さて、今日は真面目な話を一つ。

労災と通勤災害のお金のお話。
特別支給金です。

特別支給金とは、労働福祉事業として労災保険の保険給付とは別に支給されるものをいいます。

といっても、結論は労災保険から出る所得補償の一つ、要するにお金です。

※労働福祉事業とは?
業務災害又は通勤災害により被災労働者及びその遺族に対する各種の保険給付と併せて
被災労働者の社会復帰の促進、被災労働者やその遺族の援護、適正な労働条件の確保等を図ることにより労働者の福祉の増進を目的とすることを言います。


そして、被災した労働者やその遺族に通常の労災補償と併せて、
この事業の一環として特別支給金が支給されます。

この特別支給金の支給申請は、
原則としてそれぞれの保険給付の請求と同時に、1枚の用紙で行うこととなっています。

なお、この特別支給金は第三者から受ける損害賠償との調整はありません。

細かい金額のことは割愛しますが、
第三者行為災害(例:交通事故等)に遭った場合、
社労士も、また、労災や通勤災害に遭ったご本人も、
特別支給金だけは、示談中でも裁判中でも労働基準監督署に用紙を出して、請求して、
時効を止めることが必要です。

【まだ示談中だから~】
【これから裁判だから~】

などと言っていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

特に、休業特別支給金は短期給付のため、時効は2年です。
ちなみに、障害補償給付(特別支給金も)と遺族補償給付(特別支給金も)は5年。
傷病(補償)年金は時効の問題はありませんが、傷病特別支給金は5年です。
詳細はコチラ


ちなみに、労災の補償の流れは

(原則)
休業(補償)給付

1年6ヶ月経過した時点で傷病の状態等に関する報告で
治癒(又は症状固定)してなければ

傷病(補償)年金or休業(補償)給付

①毎年1月に傷病の状態等に関する報告提出

②傷病(補償)年金or休業(補償)給付
※①と②を繰り返し、いずれ

治癒(又は症状固定)

障害(補償)給付

という感じです。
休業特別支給金は、症状固定日又は治癒した日で請求できる期間が終了します。

上記の流れを見ると、長いものになれば2年以上休業補償が発生する可能性もあります。
となると、支給申請日から2年以上前のものは、放っておくと貰いそびれてしまいます。

せっかく国からもらえる所得補償。
少しでも生活や療養のために、活かしてほしいです。

こういうお手伝いも社会保険労務士の仕事。

困った方を1人でも、少しでも救う。
こういうお手伝いのとき、自分は社労士になれて良かったな~と思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆日本ブログ村、社労士部門のランキングに参加中です☆
よろしければ【“愛”の1クリック】お願いいたします♪☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
コレを【1クリック】です☆
関連記事
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
初めて知りました。

情報ありがとう!

応援チャチャチャ!
そういえば…
労災保険では、全額につき停止しているときであっても、時効進行するんよね。遺族補償年金なんぞで、若年停止中であっても、速攻で請求しとかなまずいんよね。。。

で…チーム神奈川には、そんなプレゼントがあったんですか?!
さすがダンディーF先生ですね。
コスモ先生
こちらこそ、いつも情報ありがとうございますm(__)m

応援~!
おきらく先生
コメントありがとうございますm(__)m
おきらく大先生に、このようなコメント頂くなんて、大変光栄です!

それにしても、ドF先生、こんなことしてくれるんですよ(笑)
多分人気取りですよ(笑)←はい、冗談です。怒られそうなのでこの辺で…
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録もいたしました。年齢は…自分ではそうでもないと思っていたのに…昭和の音楽が心に響くいい年頃、熟年?一応名ばかり女性社労士で中身は男前と言われ続け、もうどうにも止まらない…(-_-;)。
仕事に対する姿勢はスピーディーと親切丁寧を心がけ、真面目にやっています。子供1人(反抗期継続中。)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
13位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング