*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【一番大事なものを大事にする~とある元・女性弁護士の話~】
おはようございます!

今朝はさいたまはうす曇り。
220917_1.jpg
これから
×熱く
○暑くなるそうです☆

私は今日も暑苦しく行きたいと思います(笑)

さて、今日はとっても考えさせられる元・女性弁護士のお話を一つ。

彼女にあったのはもう4年以上前でしょうか。
とある異業種交流会でした。

○○法律事務所の女性弁護士。当時29歳。
若いのに、優秀な方だな~と思っていました。

結婚も既に決まっているそうで、お相手も弁護士さん。

“な、なんと二人揃って弁護士か~。カッコいい夫婦だな~♪”

と思っていました。

それからしばらくして、その異業種交流会でもう一度お会いすることがありました。

その時にお会いしたときは、

“私弁護士事務所を退職します。専業主婦になります。”

とのこと。

冨樫“えええ!!そうなんですか?!弁護士やめちゃうんですか?!”

と驚きを隠せませんでした。

司法試験なんてとんでもなく難しい試験を突破し、
弁護士になりたかったでしょうし、
まだ若くてこれからですし、
その仕事に誇りを持っているでしょうし、
でもアッサリ“辞めます!専業主婦に”って...

もちろん、資格は一身専属的なものですから、いつまでも自分のモノではあります。
いつだって復帰できるでしょうし...

でも、今になって分かることは、
当時の彼女にとって一番大切なものは、家庭だったんだなと...
その時に彼女が大事にしたかったことは、
主婦として、同じ弁護士として、忙しい旦那さんの手助けをしてあげることだったんだな~。
自分の仕事は、二の次だったんでしょうね。

ま、相手が弁護士さんだから、お金の心配はなかったのかもしれませんが...
(それはそれで素晴らしい!)

自分にとって、この瞬間、この場面では何が一番大切か...。
それをきちんと考え抜いてその決断を出した彼女はさすが!という感じです。


彼女の考え方から学んだのは、一番大事なものというのはその時々で変わるものであること。
そのときに一番大事なものを見極めるチカラを持つこと。
そのときの一番大事なものを大事にするには、どうすればいいか?
しっかり考えること。

【一番大事なものを大事にする...って難しい。】
私の大好きで尊敬するみんみんさんこと行政書士 松本明美先生の言葉です。
最近とても心に響きます。毎日自問自答しています。
いや~深い。深すぎます。

時には自分のやりたいことを諦めなければならないかもしれません。
それでも大事にしたいものなら、その大事なものを守るためにそういう決断も必要でしょう。
きっと後悔はしないはず。

ただ結果は、やっぱり先になってみないと分からないけれど...
後悔しないためには、もっと先を見抜くチカラを磨かないとならないのかな~
(私は無理そうです。予知能力も霊感も何もない...)
結局は、自分が信じた道を行くしかないのかも。

毎日勉強です。
人生勉強、仕事の勉強、勉強勉強、勉強の連続。
ただ、こうやって毎日勉強していられるのも、健康な体のおかげだと思い、
こんな毎日を幸せであると感じる今日この頃です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆日本ブログ村、社労士部門のランキングに参加中です☆
よろしければ【“愛”の1クリック】お願いいたします♪☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
コレを【1クリック】です。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
あー ちょっと・・・。 
決断間違いばかりで、失敗と後悔と恥満載の私に、尊敬などお角違いです(笑)
でも、言葉が心に響いたなら、嬉しく思います。
共感しあえる価値観があり、励ましあっていける仲間の証だと思うから。
これからもどうぞよろしくお願いします。

みんみんさま
いえ、いつも言葉が胸に響きます。考えさせられます。重みがあります。


何も考えないでいると毎日あっという間にすぎてしまいますが、みんみん先生のブログにある言葉を読んだりすると、考えながら日常を過ごせます。

日々忙殺され、大事なものを見失いがちな私にとって、今回頂いた言葉は、考えながら生きるには重すぎるくらいのものでしたが、非常に大事なテーマです。

気付かせてくれて、本当にありがとうございます♪

No title
日々の勉強
それが、血となり肉となる。
専業主婦になられた若き女性弁護士さんも、
きっと、研鑽は家庭でされていると思いますね。

応援チャチャチャ!
コスモ先生
ありがとうございます。

彼女はきっと今頃、素晴らしい専業主婦になっていることでしょうね。
今は今でそれを大事にしてほしいと思います。
そして、またいつか復活をしてほしいと思います☆

応援!!
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
646位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。