*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【“職業人生最後の日”を、“社労士”としてフォローする】

「あのさ、もう一度教えてくれない?退職するときに会社に準備してもらうものってなんだっけ?」

昨晩、携帯電話に1本の電話がありました。

とが「えーっと、源泉徴収票と離職票と退職証明書ですね。」

つい先日、3月末日で契約期間満了が決まった、
私が小さいころから大変お世話になっていた方です。

現在64歳、事実上の定年退職となります。

現在の雇用情勢も後押しし、「後ろも詰まっている」ようで…

役員からは「長年やってもらっていて、本当にありがとうございました…有給休暇を全部使っていいので…」

と労いの言葉がかけられたそうです。

有給休暇残日数は約40日。

3月末日まで、出勤する日を数えると、もうほとんど出勤する必要もありません。
あと数日で、彼は職業人生を終えることになりました。


「離職票は要らないんだよね、失業保険要らないから。だって、あれ、年金と失業保険どっちかしかもらえないんだよねえ?」

とが「そうですね、シミュレーションしてみないとわからないけど、今のお給料の大体5~6割と、今の年金の月額比べて高いほうですね。」

「たぶん年金のほうが高いだろう?それに、厚生年金を掛けなくなったら年金も満額でるんだろう?」

とが「あ、はい、そうですね。」

「じゃ、離職票要らないんじゃないのか?」

とが「はい、そうなんですけど、国民健康保険か任意継続健康保険の手続きをしなくちゃならなくて、その際に退職証明書か離職票を持ってこいと言われることがありますし、あとから何があるか分からないから、もらっておいたほうがいいですよ。それに、59歳以上の人には離職票を発行しなきゃいけないって雇用保険法で決まってますので…。」

「そかそか、じゃ、一気に終わるようにもらっておいたほうがいいな。」

とが「はい、そうですね。あと、会社にはジャンバーとか借りているものは返さなきゃですね、洗って。」

「もちろん。クリーニングに出してから返すよ、あと会社のバッジもな。」

とが「で、有給休暇は40日あるんだから、もう数日で終わりですよね?引き継ぎとかどうするって?」

「そんなことは俺が心配することじゃないけど、明日上司と話をしてくるよ。でも、いきなりいなくなるわけにはいかないよ。」

とが「でも、会社の役員の人が「有給全部消化OK」って言ってるんですよね?」

「そうは言ってもなぁ…仕事はあるんだからなぁ。残った有給は全部は使えないよ、多分。」

とが「そりゃそうだよね、そういうもんじゃないですよね。お世話になった会社ですし。私もそう思います。とにかく、今まで本当にお疲れさまでした。」

「そうだな、やっと農業がやれるな~」



結局、約46年間、サラリーマン生活を送りました。
18歳~厚生年金だから、長期特例の44年にも該当しそうだけど...そこまでは不明。
(社労士でないと、何を言っているか分からないかもしれません…)

小さいころからお世話になっていた人が、一生涯の中の職業人生を終える瞬間に、
大人(っぽく?)に成長して、社労士としてフォローすることになるとは思ってもみませんでした…

これから、農業(って言っても家庭菜園からスタート)を趣味にするそうです。
もともと多趣味で、囲碁、麻雀、ゴルフ、ランニング、植木、釣り、スキー...
それに、農業もやるのか!?

この方に、心にぽっかり穴が開くことはなさそうです...
心配無用かな。

これからの人生で、私が役に立てるところは、出来るだけフォローしていきます。
今までの恩返しなんて出来ないけど、これから先の人生も「最高の人生☆」と思ってもらえるように!

社労士としての知識が、こんな風に人の役に立ってよかった☆と思う瞬間でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。


☆日本ブログ村、社労士部門のランキングに参加中です☆
最後まで読んだら、ホントに最後の1秒だけ☆
【“愛”の1クリック】よろしくお願いします♪☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
コレを【1クリック】です☆
関連記事
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
職業冥利に尽きる話ですね。

64歳さん
第二の人生を謳歌してください!
これからが、青春です!
コスモ先生
コメントありがとうございます☆
また古物商許可、お疲れ様です☆

そうですね、これからが青春ですよね!
それにしても我々は良くも悪くも定年がないのですよね☆

まだまだ頑張りましょう~。

応援いっときましたー♪
No title
アラフォー☆女性社労士さま
終身雇用制が当たり前だった時代に入社した人は、
一度も転職を経験せずに年金生活に入るんですよね。
社会保険の手続きも、入社時と退職時の人生の中で2回だけですね。
そんな場面に関われるって、社労士って素敵な仕事ですね。
勉強頑張らねば!!

応援クリック!!
嶋田不二雄さま
ありがとうございます☆
勉強頑張ってくださいね!
応援クリックもさることながら、
社労士試験の応援もしております♪
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。