*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【清水寺発表の漢字“新”と野村克也さん発表の“情”は表裏一体なのか?】
昨日今年を表す漢字1文字が“新”であると発表されました。
その他、今朝から各芸能人、コメンテーターがあちこちで今年の漢字を独自に発表していますが、
その中で野村克也さんの“情”が気になりました。

野村さん『昔から日本は“情”があるから世界にも信頼されてきた。今はこの“情”が薄れて、ありとあらゆるところが、“希薄”になってきている。今の日本人は宇宙人みたいだよ、感情がなくて...。昔大事にされていた“情”をもう一度思い出してもらいたいよな。』
といった内容のコメントをしていました。

なるほどな...

情も大切だけど、それをあまりに重んじると、今年の『新』はなかったのかな...

今年の漢字“新”は、“新政権”とか“新型インフルエンザ”などから選ばれました。

ほかにも“逃”(やくみつるさん他)“崩”(橋本大阪府知事)などありました。
皆さんいろいろです。
もちろん我々も個人別に違うのではないでしょうか?
皆さんは、今年1年いかがだったのでしょうか?

ちなみにわれらがボス、長妻厚生労働大臣は“明”(明らかという意味で)。
なるほど~。
事業仕分けで予算組の透明化を図りましたし、
政治については確かにクリアになって来ているイメージ(だけ?)はあります。


暗いニュースの流れた1年でしたが、“新”ってイメージは個人的には明るい気がしています。
来年はいい年になるといいな...

さて、話はそれましたが、“新”であるがゆえ、いろいろな改革&痛みを伴いました。

お客さんと話していると最近良く聞くフレーズが
『事業仕分けで、来年はこの仕事なくなっちゃうんだよ...だからその分売上は減っちゃうんだよね...』

そう、中小企業にも事業仕分けをする以前に、仕分けられていた仕事があったわけです。
そうなると税収が今年でも36.9兆円という中で、
売上が減ればさらに税収が減るということになりかねない...
その補填として国債が発行されるのですが、今年の予算編成でも国債発行高44兆円でムリ!なのに、
さらに国債発行高が増える可能性も?!

債務超過の株式会社ニッポンに、公務員さんにはボーナスも出ました。
鳩山内閣総理大臣には途中就任のため300万円余。
贈与税がかかるほどのお小遣いも貰っていて...
お金のある人のところにはトコトンあるのでしょうか?

格差社会、ニュースを見るだけで目の当たり...

大阪西成地区の日雇い労働者が生活する金ヶ崎地区にも、日々労働者が増えている模様...
でも、ココにはボランティアでお食事を配る人たちの“情”も存在する。

『温故知新』
意 味:古きを温め、新しきを知る。経験のない新しいことを進めるにも、過去を充分学ぶことから知恵を得ようということ。
解 説:「故」は古いということ、「温」は、訪ね求める、復習するという意味。「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」、または「故(ふる)きを温(あたた)めて新しきを知しる」と訓読する。
出 典:『論語』
(以上 四字熟語データバンクより抜粋)


野村克也監督の言う“情”を大事にしながら“新”しいことに取り組む。
この姿勢で来年も日本の政治経済は取り組んでいかなければならないし、
自分自身も同じ気持ちで仕事に邁進したい!と思いました。

ということで、今日のタイトルの結論は
『二つはセット、表裏一体というか、共存しなければならない』と思いました。


ただ、くれぐれも皆様お体だけはお大事に...

長妻さんも岡田さんもダイジョブでしょうか?


最後までお読みいただきありがとうございました。
☆日本ブログ村、社労士部門のランキングに参加中です☆
最後まで読んだら、ホントに最後の1秒だけ☆
【“愛”の1クリック】よろしくお願いします♪☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
コレを【1クリック】です☆
関連記事
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
アラフォー☆女性社労士さま
>情も大切だけど、それをあまりに重んじると、
>今年の『新』はなかったのかな...
非常に含蓄のあるお言葉です。
それにしても中小零細企業の経営者の方やそこで労働する
一般市民の方々の悲鳴が聞こえてきそうな年の瀬です。

応援クリック!!
嶋田不二雄さま
もったいないお言葉です。ありがとうございます。

厳しい情勢が続きます…
どこまで我々が痛みを伴うのか、どこまで辛抱が続くのか…
ちょうど我々の生きている時代に過去のツケが回ってきてしまいましたね…それでも生きなければならないですね。
頑張るしかありませんね★お互いに頑張りましょう!
応クリいってますよ~☆
No title
.




【 景気回復という青い鳥 】




国債発行を44兆円以下に抑えることが
財政健全化の一つのメドと言うが、
その根拠はどこにあるのだろう?

借金返済への道筋を示さず、
44兆円に抑えれば、
責任を果した事になるのだろうか?


2009年度は、
相次ぐ景気対策に追込まれ、
53.5兆円の新規国債発行となった。

税収は36.9兆しか無い。

産業空洞化が加速度的に進む中、
財政出動を惜しめば、景気腰折れとなり、
来年度は更なる税収減となるだろう。

50兆円を超える新規国債発行を
4年も続けなければならない状態に追込まれたら、
日本はどうなってしまうのか…。



政府が今、行わなければならない事は、
無謀とも思える大規模な財政出動を行う事により、
過剰評価となっている“円”の価値を
強制的に落す事だ。

国債金利を抑え、円安に導く手段として、
日銀による大量の長期国債直接買取も有効だろう。


ただ、
膨張する国債を押え込む為に、
10年度より、5年以上継続して消費税の増税に
取組まなければならない。

半期ごとの増税が可能なら、
旺盛な財政出動と駆込み需要の相乗効果で、
資本流動性が高まり、デフレも克服出来る。

毎年、決算期に駆込み需要が起これば、
期末の経済危機も、少しは緩和されるだろう。

円高に耐えうる社会に移行する為にも、
間接税中心の税体系に社会構造を
転換すべきだ。



景気回復という青い鳥を追い求め、
財政出動一辺倒の政策を続けた結果、
国債残高は1000兆円に迫る勢いで
積み上がってしまった。

利払いだけで、40兆円にも満たない税収の
1/4を費やさなければならない。

2010年度は、新規国債・借換債の為に
税収の3倍を大きく上回る、
140兆円以上の国債を発行しなければならない
状況に追込まれている。



政治は選挙に不利となる
消費税の増税論議から逃げ続けてきた。

選挙前であっても、
消費税の継続増税論議から
逃げてはいけない。


今、政治が逃げたら、国が壊れる…。 





.
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
733位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
26位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。