*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【時間単位年休と計画的付与は併用できるのか?~H22.4改正労基法~】
今日は、改正労働基準法のお話…。
私、労働基準法は社労士試験の受験勉強をした頃は一番苦手意識を持っていましたが、
今となっては、結構好きみたいです。
一番面白い☆かもです。

そして、またまた改正点の重箱の隅をつついてしまったかも(^^;)

さて、では、今日の重箱の隅は、
表題の件です☆
【時間単位年休と計画的付与は併用できるのか?】

これって、結構問題になりそうかな?と思って労働基準監督署に聞いてみました。

計画的付与とは労使協定を結んで、
各人が持っている年次有給休暇のうち5日を限度として、
日にちを決めて、会社が強制的に取得させるもの。
強制的と言っても、基本的には労使の話し合いなるもの(労使協定・労働協約)によって定まる。

労使協定で定まった日にち分は、自分で有給休暇を自由な時季に取れない。
でも、会社は労使協定で決定した日を変更できないので、
必ず有給休暇が取れるというメリットもある。

つまり、この制度があると、年次有給休暇は自然に最大5日間は消化してしまいます。

さて、今回、平成22年4月1日の労働基準法改正で
年次有給休暇のうち、最大5日間が時間単位で取れるようになります。
という記事をブログにも書きました。

・ ブログ8/5日
・ ブログ8/6日
・ ブログ8/7日

ん?

ということは?

ココからが今回の疑問点。

5日間は労使協定で、計画的付与で消化され、
5日間は労使協定で時間単位の有給休暇を取得するってことが可能なの?


では、有給が10日しかない人は、全部労使協定で定まってしまいますが…
本当にいいんでしょうか??

ということで、分析~☆分析~☆

検証①
そもそも、法律で最大5日分しか計画的付与できない理由とは、
『最低でも5日は自由に使わせなさいよ!』という意味合いだとする。(だと思う)

検証②
そもそも、最大5日分しか時間単位の有給を取得できない理由は、
『5日を越える部分について、通常の1日単位(又は半日単位)の有給休暇を取らせなさいよ!
時間単位ばっかりじゃ、リフレッシュにならないでしょ?ちゃんと1日休みを取るのも仕事のうちよ☆』
っていう意味。


つまり、有給休暇は、計画的付与(強制消化)されなかった5日間(5日以上の人もいるでしょう)は自由に使えます。

それと、最大5日間は計画的付与(強制消化)されるので、1日単位の有給を有無を言わさず消化しちゃいます。


だから、検証①と②の心配はなくなり、両者は競合しません。

つまり併用できるという結論です。

中央労働基準監督署、お墨付き(笑)

どーぞ、頂いてください(^^)
お役に立ったなー!!と思われたら、
下の『社労士』バナーに
応援の一票(愛の1クリックと言います)をお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

いつもありがとうございます☆
皆さんの応援が、毎日のバイタリティです☆
関連記事
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
なるほどぉ~
勉強になりました。
実務をやっていくと、労働基準法はおもしろいですよね。
ぴろろさま
いつもコメントありがとうございます。
実務上は労働基準法を知ることって面白いですね。

ただ、これを中小企業に全部落とし込むのはかなり大変ですけど(^^;
『出来るところから!』っていうスタンスでやっています。

お役に立てたみたいで良かったです☆
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
50位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。