*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
【日本山岳耐久レース71.5km(ハセツネカップ)完走記 <自己の限界を超える挑戦>】
こんにちは!

今日は祭日ということで祭日は趣味のネタで行きます!

興味が無い人にはまったく意味不明な話題になりますが、
今回は、備忘録として思い切って書かせていただきました。
(久々の長文なので本当にご興味ない方はスルーしてください。)

普段、私はトレイルランニングという趣味を持っています。
山の中を走るというものなのですが、あまりこちらに書いたことはありませんが、
始めて約1年半になります。

今回は、
10月31日午後1時スタートで、
24時間後の、11月1日午後1時までに71.5キロの道のりを戻ってこなければならないという
東京のあきる野市で行われる日本山岳耐久レース(通称:ハセツネカップ)という大会に参戦してきました。

12066011_930517947015948_7099457676161174090_n.jpg

パンフレットの表紙は昨年の優勝者、そして大会記録保持者の上田瑠偉選手です。

11012583_930518267015916_4154885636364807261_n.jpg

会場へ向かう道。

11201105_930518270349249_1723792299940304280_n.jpg

スタートゲート。

12191726_930518290349247_249517045625836484_n.jpg

ゴールゲート前。

実はこのレースの9日前に、練習中に骨盤を痛め、
その後レースの日まで1kmも走ることなくこの日を迎えてしまいました。

いい意味では疲労抜きになりましたが、
やや不安を抱えるスタートとなってしまいました。

では…参りましょう!
当日朝は、ゆっくりめのスタートでした。

<5時に朝ごはん>
おもち(8個 煮てサランラップで包み、3個は自宅で、3個は車の中で、2個は五日市中学校に到着してから食べました)
カステラ(五日市中学校体育館で3切れ完食)
固形物は、3時間前までの10時までに完食

その後は、エネルギーゼリー(ウイダーみたいなので基礎代謝分を補う程度)

<持ち物>
ハイドラパックボトル
1本は500ml(マルトデキストリン、クエン酸、プロテインを含んだ自作ジェル 1500キロカロリー)
1本は750ml(マルトデキストリン、クエン酸、プロテインを含んだ自作ジェル1500キロカロリー)
ハイドラパック1000mlに麦茶を入れて、背負う。
合計2250ml

トレイルバー 4本
ハニースティンガー 6本
一本はカフェイン入り(眠気覚まし)
MAGMA 8本
ムサシのNI(BCAA) 2本(1本は出走30分前に飲む)
塩分チャージタブレッツ 10個くらい
芍薬甘草湯 4袋

目薬(コンタクトの乾きと眠気覚まし)
貼るカイロ 2個
蒸気で温めるカイロ 3個

胃薬、ロキソニン、カリカリ梅干し(ファミマ)

SOL(ソル) ヒートシートエマージェンシーヴィヴィ
もう一つ普通のエマージェンシーシート
ポイズンリムーバー
絆創膏
消毒液
テーピング
山岳保険の会員証
健康保険証

<ウエア関連>
ファイントラック スキンメッシュ®ブラタンクトップ
スキンメッシュ®ボクサーショーツ
arcteryx ティシャツ(黄色)
ファイントラック アームカバー
NORTH FACE 6ポケットパンツ(青)
cw-x ハーフジェネレーター
CEPカーフ (Hawaiian色)
Patagonia WOMEN'S HOUDINI® JACKET(黄色)
INJINJI トレイル用5本指ソックス

バフは頭に!

ニューハレテーピング(ブルーのヒョウ柄)膝
ニューハレテーピング 腰、足首
ファイテンテーピング 腸脛靭帯

<レインウエア>
OutdoorResearch HELIUM HD JACKET(赤)
mont-bell バーサライト パンツ Women's

着替え用に、Patagoniaキャプリーン4 

<ライト関係>
ヘッドライト ペツル ティカRXP(予備充電も1個持参)
ハンドライト ジェントス SG-325
腰ライト ジェントス VA-01D

予備充電としてアルカリ電池 4本

<シューズ>
スポルティバ MUTANT(ブラック×イエロー)

<ザック>
【UD/アルティメイトディレクション】
PB ADVENTURE VEST 2.0 BLUE 11L

<時計>
ガーミン fenix3j

12189693_930520043682405_215509407939069854_n.jpg

12208351_930520040349072_5086065687367593437_n.jpg

「ハセツネ」という言葉は、2012年にはじめてご近所のダイクマの警備をしていた女性に聞きました。
その女性は、御年66歳(当時)ですが、アコンカグアや、キリマンジャロ、モンブランなどを登る登山家、ガイド。

当時、私が2012年のホノルルマラソンに向けて練習するコースの途中にいらして、よく立ち話をしていました。
シニアの重量挙げの選手でもあって、(触らせてもらいましたが)ものすごい筋肉マンの女性で、
私が走ることにとても興味があるらしく、毎日話しかけてくれて、元気をくれていました。
その女性が、山の話と私の走るを掛けあわせたんでしょうか。

あるとき
「あんた!いつかハセツネだね!ハセツネ!」
とおっしゃったんです。

マラソンのことしか知らない私は
「ハセツネってなんですか?」
と聞いたら
「ヤマの中を走るんだよ!リュック背負ってさ!70キロ位!あんたそれでなよ!いつか!」

そんな会話でした。
そのときは、まだ山岳レース?トレイルラン?って何?状態。
まったく興味がない私でした。

その私がまさか本当にハセツネを走ることになるとは思ってもみませんでした。

その女性に一番にこのゴールの話を聞いてもらいたかったんですが…
途中でダイクマがヤマダ電機になったりして、
それ以降は一切見かけなくなってしまいました…
今何処にいるんだろう…
その女性に、伝えることはできませんが、「約束は果たしたよ!」という思いで、ここに書きます!

10月31日
<出走前>
五日市中学校体育館
1人であとから皆さんの居場所に到着。
9時過ぎだったかな…

受付を済ませ、みんなそれぞれ
スタートの13時まで準備したり、ご飯食べたり写真撮影!

12189578_930518050349271_5381069431211663262_n.jpg

まだ余裕な感じ。

12191553_930518103682599_8745965931490962630_n.jpg

まだふざけていた感じ。

12196146_930518093682600_5497084365166382773_n.jpg

まだ元気な感じ。

そしてブラブラ…
ハセツネといえば、チーム獣人の管理人であるけぐさんに会おうと別の体育館に行くも、お会いできず。
多分獣人フィルター(ガスったときに活躍するイエローフィルター)をあちこちで販売してるんだろうと思う。

しかし、ずっと、前からお会いできずにいた登山家&トレランナー鈴木さんとお会いできた!
が、鈴木さんお着替え中のため写真撮影NG(笑)

体育館に戻ると、マリリンがリラックマの装いで応援に来てくれていた!
「今クマ神社にいるからね」
まずはそのポイントが楽しみになった。

12208474_930518107015932_4292739652653107716_n.jpg

そして、開会式

前回優勝者の上田瑠偉選手とみんなで写真撮影。
今回は残念ながらDNSということで来年に期待です!

12189000_930518097015933_3413106026216077227_n.jpg

そして、同業の大先輩である内海先生にもお会いすることができました!

UTUMI.jpg

☆13時 スタート(五日市中学校)

最初の渋滞をなるべく早く行こうと、全力疾走な皆様。
しかし、あっという間1.6キロ付近でもう渋滞。すぐに寒くなりPatagoniaを羽織る。
手袋も装着。

何列か前の方が、スズメバチに刺された様子。
ポイズンリムーバーで抜いて、何とか復活されていました。
いや、スゴい羽音がして自分も危なかった…

渋滞を抜けて変電所界隈を走る。

☆4.24km地点 今熊神社で渋滞。

その前にトイレと思ったら、行列になっていたので引き返して渋滞に混ざる。
また寒くなる。。
また完全にシェルを着ないと汗冷えする状況。
着々と黙々と登る。

☆7km地点 入山峠(1時間51分位だった確か…)

渋滞のため、自分のタイムテーブルから既に30分遅れ。
直手前で転んで顔から流血している女子発見。

どなたかがスタッフさんに伝えたようだが、あれはすぐに病院へいったと思う。
トレイルの怖さを序盤でまた知ることになる。
慎重に行かなければ…

11057946_930517980349278_1166500364861001000_n.jpg

寒くてPatagonia羽織ってます。
すでにもう顔が…やばくなってきてます(汗)

ここから市道分岐(11.7km)までは「峰見通り」という4つの壁。

ここは一番無理してはいけないコース。
ここで無理するとあとで足が終わることになる。
先々週がそうだった…
なので、自分の無理ないペースで行こうと決めていた。
最後の金比羅尾根は絶対に走りたいと思っていたこともある。

そして、自分ではこのペースは普段より遅いのでちょうどいいと思っていたのに、
徐々に気持ち悪くなり、胸焼けが止まらなくなってきた。
普段はカリカリ梅干しで治るんだけど、全然良くならない。

☆11.7km 市道分岐(3時間超えていたはず)

確かここも30分以上遅れていた…
途中で寒くてORのレインウエアを早々に装備、暗くもなってきてヘッドライトを付けないと走れなくなり装着。

☆15.29km 醍醐丸

ボラ参加のトレラン友で、先月信越五岳110kmを完走した花園さんの声が聞こえてくる。
でも気持ち悪くて…どうしようもない…
でもこれを登れば…花園さんが待ってる…
寒いのに、大声でランナー皆さんに「醍醐丸ですよ~!」と全力で応援してくれている。

思わず、名札を見て花園さんと確認して、腕を掴んで「気持ち悪くて…」としか話せず。
花園さんに励ましてもらったけど何を言われたのか覚えていない‥

この区間のどこかで、大杉さんに抜かされた時にも
「大丈夫?」
と聞かれて、
「気持ち悪くて…」
と答えると
「冨樫さん顔色悪い。フラフラしてる、無理しないで」
と言われた。

もう浅間峠でリタイアか…
また先々週の試走と同じなのか…
頭をよぎる。

☆22.66km 浅間峠(第一CP(チェックポイント))5時間27分5秒(女子150位)18時27分

まず到着後、応援に来てくれていた亀ちゃんが「冨樫さんですよね?」って声かけてくれた!
「うひゃーこんな暗くなってから寒いのにもかかわらず応援してくれてたんだ!ありがとう」の思いを伝えたかったけど、
一言目にでたのが
「あ、英語バリバリの亀ちゃん、ありがとう…。気持ち悪くて…タイム遅いよね、私。」

亀ちゃんがすかさず
「冨樫さんにしては遅いけど、でもまだ大丈夫」と間髪入れずに言ってくれた。

そこでトイレの場所を聞いて、並んでしばらくトイレに籠る。
トイレも時間がかかる。ウエアを上げ下げするのだけでも全部で10分以上。

出てきて、レインパンツ着替え、背中にカイロを貼る。

浅間峠まで吐き気で気持ち悪くてペースアップできず。
サブ17ペースより30分遅れで浅間峠到着。
スタートから5時間半。。。
こんなはずじゃなかったのに。。。
エネルギー取れなかった。。。
コレでは三頭山登りきれない。

亀ちゃんの応援が嬉しかった!
「次は長尾平でまってるね!」と!
長尾平は58km地点。ほんとに会えるのか…

外で休むと寒くなるので、スタート!

そこからはもう真っ暗な道を往くだけ…
過去に試走を何回かしたけれど、こんな真っ暗じゃなかった…
でも今日は真っ暗+ガスが出るのが早くて、あっという間にヘッデン(しかも獣人フィルター付き)でないと反射して前に進めない。
ということで、獣人フィルター装着しようと思ったら、落っことした…
食べかけのトレイルバーも落とした…(ゴミは拾ったけど、獣人フィルタが見つからなくて新しい物を出すのにまた時間がかかった。)
手がかじかんで動かないのよ!!本当に!寒いったらありゃしない!

ま、そんなことを思いながら気持ち悪さが取れてきたので、少しずつペースアップ?
なんて思ったけど、補給がちゃんとできてなかった(浅間峠までに1500キロカロリー)ので、
足が動かず、食欲もあまりないため、イチかバチかでVESPAを投入。
そこで何とか復活してきて、まともに歩けるように。
でもシングルトラックで見通しが悪く、列をなして歩いている人を抜けないので、
その列に並んで着々と前に歩くのみ。
もちろん、走って追い越すなんて余裕もなかった…

気づくと、どなたかの声が…
28キロ付近笛吹峠で声かけしてくれていたのが
これまたトレラン仲間ので今回ボラ参加の斉藤さん。
真っ暗で分からず、ゴールしてから対面してその場にいたことを教えてもらった。
28㌔の笛吹峠での斉藤さんの元気な声にも助けられた。
今自分が何キロ進んでいたのかもわからない状況だった。
時計もチラ見するほど余裕もなかったし、時計の電池切れも気になるのであまり見ないことにした。
ポイントだけ!と思ってネ。

この区間は、本当にけぐさんの獣人フィルタを付けてフォグランプ状態にしないと光が反射して前が全く見えない!
けぐさんのフィルタに助けられた。
歩くうちに、サブ17はおろか、18も20も危ういんじゃないかと…思いながらも前に進むのみ。

この間確か19時位からだと思うけど、4時間くらい小雨も降った…雷も一発大きいのがドカンと!
もう寒いとか怖いとかそんなこと思うだけ無駄!早く先に行かないと!

数馬峠、西原峠は真っ暗で、全然道が分からない。前のオジサマにお断りして、ついて行かせてもらった。二人ともロストしないよう注意しながら、後ろの他の選手のヘッデンも頼りに間違ってないかを確認しながら進む。

誰も会わない…

その後大沢山の登りに着いたときはロストしてないことが確認できて安心。お礼をお伝えした。

大沢山への登りは本当にきつかった…何とか登り切れたときは嬉しかった!
三頭山まであと700mですよ~!という声に、避難小屋をスルーして三頭山山頂へ向かう階段へ進む。
ここでも、避難小屋近くで休む人多数。
手前の大沢山付近のベンチでも休む人多数。

私も止まりたい…
でも、止まれば寒いだけ。
進むのみと考えて歩みを進める。

☆36.32km 三頭山山頂(スタートから9時間43分 日本時間の22時43分)

サブ17から1時間遅れ。

11988772_930517920349284_3052681521027442149_n.jpg

もう自分が用意していたタイムテーブルのサブ15から17のペースには届かない。
ここから追い込んでもだめだから、タイムは気にせず、完走目標へ変更。

浅間峠の休み?が効いて、この時点ではすっかり元気になり休むのも数分で出発。
しかし、鞘口峠まで降りる降りる&そして転ぶ(笑)

鞘口峠からは後半パート
試走4回、もう慣れた道だ!
と思ったし下り基調だ!
ともわかっていたけど、38.02㌔走ってきた自分には未経験のゾーン。
しばし登りは列についていく感じで淡々と登る&走る。

☆42.09km 月夜見第二駐車場 第2CP (スタートから10時間42分22秒(女子121位)日本時間23時42分22秒)
月夜見は唯一のエイド、水分補給できる唯一の場所。
1人1.5ℓまで。ポカリか水。
私は背中のハイドレの麦茶が空っぽだったので、そこへ水1リッターもらう。

そこで偶然、北丹沢で同じだったトレラン女子友達にお会いして、ゆっくり喋ったりしてたら寒くなってきて走り出す。
多分トイレに15分籠り(トイレが意外と寒くないんです。)、
さらにおしゃべりとか給水でなんだかんだ30分近くいたかもしれない…
その間、ジェントスの腰ライトの電池を入れ替え、ペツルティカ2のヘッドライトも予備充電と交換。
寒さでジェントスの腰ライトの電池が持たない。3時間で交換する始末。
このままだと夜明けまで持つか…?
あとはペツルとハンドライト頼みかも?

月夜見出発!御前山1405mまでが長い長い嫌な登りの区間。

途中で休み休み進むがここでついに恐れていた眠気が襲う。

普段なら寝ている時間…眠いはず。
半分ウトウト…寝ながら前の人の歩幅に合わせて足を運ぶけど、
このままだとほんとに寝てしまいそう…トレイルを外れそうだ…

もうヤバイと思い、必殺、ハニースティンガー(カフェイン入ジェル)投入。
それでも30分から45分は効かなかったかな?

途中で寝てるか、倒れているか分からない人が続出。
エマージェンシーシート包んで、(くるんでない人もいた)
ヘッデンつけたままみんな寝ちゃうのね…
私はここで寝るわけに行かないし、早く帰りたい…そう思って歩む。

夜中にもかかわらず、オールスポーツさんもいたりして、
走る人だけでなく、ボランティアの人もスタッフの人も本当にみんなが大変だな…と思った。

眠気が吹っ飛んでからは、いいぺーサーを見つけてついて行かせてもらった。
真夜中、真っ暗で1人走るパートもあり、正直怖い。
なので、できるだけ誰かのあとについていった。
でも、私が付いて行くのが鬱陶しいのか、飛ばされたりすると結局ボッチ…

試走しておいてよかったと何度も思った。

そして、何人もの人に「どーぞ!どーぞ!」と道を譲る。

なんとか登り区間を制覇し
☆御前山到着(46.57km地点)

止まってたら寒いので、5分くらいで凍りついたトレイルバー(笑)を噛み切り、下りのパートに入る。
親指と人差し指の先だけ出せる、レードライトの手袋が重宝した。
指先を出しておくと一瞬で冷えるけど(笑)

次は49.7kmの大ダワまであと3.2km

今度は下る下る…下りで滑る人続出。

この時間くらいの特徴なのか、
私以外の周りの選手の皆さん、ほとんどポールを持っていました。
しかし、それでも滑る…

ポールがない(というか使ったことないので使えないから装備していない)私は、登りはきつい…
けど、下りは降りやすい。
その鬩ぎ合い(笑)
下りで抜かしていくことが多かったかな?

狭いシングルトラックを真夜中に走るんだからほんとに気をつけないと命取りになる。
慎重に足を運ぶ。転ばないように。

けど、やっぱり転んだ(笑)
横滑りたったのでそんなに大事にはならずすぐに立ち上がって出発!

とにかくここは滑らないように下る下る…

☆50km 大ダワ到着

リタイア選手が続出らしく、
7人乗せられる救護車に「7名じゃ乗りきれません!」と叫ぶスタッフ。

私は、とりあえず何度目?というくらいのトイレに行き、
凍りついたトレイルバー3本目を噛み切って、ゆっくり飲み込み、
短期滞在で出発。寒くなる前にでないと!

一人大ダワを背に、暗闇の中へ突入。
もう誰も頼りにできないんだな…
自分の力で前に進まないとなんだな、
これがハセツネなんだな…

と何度も試走をしたことを思い出し、
ロストしないように看板を頼りに進む。

試走はほとんど暗闇ではなかった、でもイメージは思い出せる。
1回、10月頭にナイトランをしておいた記憶が鮮明すぎて、ほんとうに助かった。

次に目指すは大岳山、53.71km
これがラスボスと思って挑む。

これさえクリアすれば、あとは最後のレッドカーペットである金比羅尾根(11.5km)が待っている!
そこだけはキレイに走りたい!
そこだけはサブ17以上のペースて走りたい。
そう思って足はそこまで温存はしてきた。

思いを馳せながら、大岳山まではまた新たなペーサーさんを見つけて、あとをついていく。
ストーカーのように(笑)

やっぱり嫌そうだったけど、無理矢理ついて行かせてもらった。

大岳の岩場の登りに差し掛かると、その方が途中でコースロストして直登しそうになったので、後ろから止めた。

そして、4箇所の岩場を(頭を強打することなく)なんとか掴みながら乗り越えて、大岳山到着。
大岳山でも寒くてそんなにいられないので、
水を飲んでトレイルバーを放り込み(またもや凍っているけど)出発。
多分10分はいなかったと思う。

大岳山からの下りは岩場で急降下で、走るとかまったく無理!
友達の女子ランナーと一緒に降りたけど、
彼女は下りが苦手というので私が先に行くことに…

夜中だし慎重に掴まって降りていく感じ。

途中で鎖を掴んで降りる箇所もあり、
ハンドライトが邪魔になるけど、
なけりゃないで走れないので、レインウエアのポケットに出したり入れたりの繰り返し。

ま、何とか暗闇の大岳山岩場を下り終えてOK!
と思ったら、大岳山荘手前の階段の途中で転んで岩にお尻強打。。。
痛い…
でもアドレナリンのせいか、もうどうでも良くてすぐに立ち上がって走りだす。

ひたすら黙々と下りを走る。
ヘッデンとハンドライトが頼り。腰ライトがほとんど機能してない。

☆58km 長尾平売店前 第3CP(スタートから15時間23分43秒(女子105位)日本時間 午前4時23分43秒)

浅間峠でお会いした亀ちゃんに再び会えた!思わず抱きつく!応援Thank you!!!
こんな夜中に…励ましをもらってすぐに出発!

御岳神社を降りてトイレを済ませ、走ろうと思ったら
おっと!!
これまたラン友でスカイトレイルランナー稲村さんがお待ちかね!

稲「遅いから冨樫さん見逃しちゃったかな?と思って…」
とが「いやいや、そんなことないですよ~。こんな遅くまで待っててくださって、しかも夜中なのに起きててくださってありがとうございます!!」
稲「いえいえ、どうせ電車ないし(笑)」
なんて世間話をして、背中を押してもらって出発!!

あとは目指せ日の出山!
足は残っているから進めるだけ前に!
日の出山への階段の上りさえ終われば、もう最後のレッドカーペットの金比羅尾根だけだ!と思い、
走れるパートは走る、登りは股関節を動かすようにして、なるべく腿やハムに負担をかけないようにして登る。
歩幅も小刻みに。(今まで獣人キャンプで教えてもらったことを思い出す)

ここで完全に腰ライトは電池切れ。
ハンドライトとヘッデンだけで前に進むことに。

もうすぐ夜が明けるから、あとはなんとかなるだろうと思い、
ヘッデンのイエローラベルもガスがなくなったので外して明るくして走る!

☆60.55km 日の出山到着、午前5時前。ほぼ16時間!

ここから90分で行ければ17時間30分は切れるかも?
と思い、三頭山位から思い描いていた通りに全力疾走。

ほとんどの人が歩いているので、みんな避けてくれた。
ありがたい&申し訳なかったけど、先を急がせてもらった。

金比羅尾根で見る空は美しかった。
ちょうど夜明け前のオレンジと濃紺の空の境界線がなんとも言えない。

この時点でハンドライトも電池切れ。

ヘッデンのみが頼り。
月夜見でヘッデンの充電変えといて良かった!!
月夜見でもまだ充電の余力はあったのだけど、交換しておいた。
ティカ2は予備充電があれば結構行けるな~♪
(ちなみにゴールまで明るかったです。)

しかし、アルカリ電池は3時間しか持たないことは判明。
寒いと持たないと聞いていたけど、本当だった…

とにかく無心で金比羅尾根を走る、抜かす抜かす!
ここのパートだけは誰一人追い越されていない。

コンクリ橋の手前か先(よく覚えてないけど)

「あと2kmですよ~」とスタッフさんかボランティアさん方の声が聞こえてきた!

「すごい!すごい!走ってる!」

と言われ笑顔でありがとうございます!と言って通り過ぎる。

時計を見たら17時間15分!

これはロード並みにすっ飛ばさないとサブ17.5が達成できない!

と最後のギアを上げて、コンクリートの下り坂を「足がどうなってもいい!」と思い飛ばす!

そしてコンクリートの坂を降りきって、
どの辺りかも覚えてないけど、残り500m位で17時間23分だったので、
あ!もうこれはなんとかなる!と思い全力疾走。

最後、デッドヒートした男性ランナーに負けましたが、ゴール!

11月1日
☆ゴール 五日市会館 タイム17時間27分8秒(午前6時27分)女子101位。

第3CPからゴールまでは2時間3分25秒!!
サブ13か14くらいのペース。
いやー最後は頑張った!
レッドカーペット走れてよかった!

リザルトは⇒コチラ

完走ティシャツ貰って、完走証貰ってっと…

12193561_930518043682605_7896702618793513432_n.jpg

このメッセージと袋も温かいね!

12193814_930517957015947_871825364471857960_n.jpg

でも、仲間はとっくにゴールしているのでひとりのんびり駐車場で、無料豚汁うましー♪
コーラもがぶ飲み~♪
してたら、

ボラで参加の斉藤さんが登場!
斉「冨樫さん!!」
と「あ!」
斉「僕笛吹峠でボラやってたんですよ」
と「あーーー28㌔って叫んでくれてました?」
斉「そうそう!」
と「そうだったんですか~長時間ありがとうございました。あれ、浅間からもうガスで真っ白で距離感全然わからなかったので28キロですよ~ってかなり嬉しかったです。」

いや~ありがたかった!

その後、御前山以降何度もあった女子トレラン友も到着!
2人で駐車場でべらべら喋ってたら
RUN+TRAILの取材の方が話しかけてこられて取材依頼。

「すっごい頭でスけど…すっごい格好ですけど…」
といったら、
「その疲れ具合がいいんです!」

うはは!確かに臨場感たっぷりな汚さ…(苦笑)

ということで、ぐちゃぐちゃの頭や格好のまま、写真撮影とインタビューを終え、
「翌号(16号)に載せますのでよろしくお願い致します!」
ってことを言われているので、翌号を楽しみにしてます♪
ちょこっとらしいですけどね、載らなかったらごめんなさい。
でも、絶対載せると言っていたので来月買う前にチェックします(笑)
ちなみに今はUTMF+UTMB特集 15号です!

体育館に戻ると、
朝まで(私のためにではないが)寝て待っててくれた
チョッパヤランナーユタカさんから
「今どこにいる?速報にタイムが載ってないんだけど…」
「ん?五日市中学校の体育館、さっきゴールした」
とお返事。心配させてしまった模様(笑)
よーくハセツネの練習に付き合ってくれた、本当にありがたかった!
しばらくして、私の生存確認。
ま、私のような亀ランナーを相手にしてくれるトレラン友がいてくれて本当にありがたいです。

体育館には生存確認の置き手紙をしていくことになっていたので、
戻って私も寄せ書き。
12193828_930518007015942_6238451750538033644_n.jpg

みんな速い!(帰るのも)
しかし7回捻挫でも完走!?腕に穴?で完走?!

なんか、みんなのドラマがあって、うるっときました。

私は、書くスペースがないくらい遅いので、「朝帰り」と一言(笑)

その後、軽く着替えを済ませ、荷物をまとめて、
体育館を出るときにも仲間が帰ってきてお互いに声かけて一安心♪
みんな一応無事に、帰還できてよかった。

その後、ゆたかさんとまつさんと瀬音の湯でひとっ風呂~♪
そしてユタカさんとまつさんとけぐさんと他の仲間とBBQ~打ち上げ♪

あまりに長くなってしまいましたが、レースは以上です。

簡潔にこのレースをまとめますが、これはTRAILではなく
「山岳耐久レース」だということ。
サバイバルゲームではなく、サバイバルの訓練?実践?
セルフレスキューの実践だったと思う。
山で遭難しない、命を落とさないために何をすればいいのか?みたいな…
だから全て持ち物は持たなければならないし、エイドもほとんどない。

そして、自己の限界を超えられるか?も試されていると思いました。
みんな救護所に吸い込まれそうになる誘惑と戦っていたみたいです。
(私は見て見ぬふりをし続けました。なのでどこに救護所があるのかも覚えてないです。多分見たら負けそうになると思いました…)

かといって、限界を超えて、命のキケンに晒されてはいけないのだから、
引き際を見極めるチカラも必要。

24時間のほとんどがナイトランということも含め、
色んな意味で人生で過去最高ににキツい大会だったし、
自分を試された大会でした。

自分に負けないことも、諦めないことも大事。
でも、諦める勇気を持つことも大事。
とても難しいですね。

今年で23回も続いている伝統レースである日本山岳耐久レース(通称:ハセツネカップ)。
10月10日、43歳で遭難した長谷川恒男さんの思いがずっと受け継がれていくのできっとずっと同じスタイルなんだと思います。
10月9日、43歳になった私には、なんでか思い入れのある大会でしたが、
無事に帰ってくることができて一安心です。

最後になりましたが、
大会を支えてくださった不眠不休のボランティアの方々、
夜中まで応援してくれた皆さま、
スタッフの皆さま、
選手の皆さま、
一緒に練習、指導してくださった皆さま、

皆さんがいらっしゃらなければ、私はこんな過酷な大会を完走することはできませんでした。
心より感謝申し上げます。

==============================
Special Thanks
チーム獣人の管理人>
けぐさん
※何度となくキャンプでしごかれました。
本当に丁寧に教えてくださいましたが、私の実力が至りませんでした。

そしてチーム獣人のメンバーの出走者のみなさま!
一緒に練習してくださって、ありがとうございました!

12191935_930517937015949_5352233057205160320_n.jpg

けぐさんMAPは、古いものを持って旅にでました。
なので、新しい物は、記念にとっておきます!

<朝の集合&お会いできたお仲間達 順不同>
ユタカさん
ゆーこりん
村田さん
坂井アニキ
櫻井さん
大杉さん
野村さん
島村さん
宮島さん
林さん
谷口さん
福島さん
濱中さん
鈴木さん
まつさん
ともみん(お会いできなかったけど)
(抜けてない?)

<同業でもランナーとしても大先輩>
内海先生

<ボランティア 順不同>
醍醐丸(15.29k)花園さん
笛吹峠(27.96k)斉藤さん(このときは真っ暗で気づけず…大きな声だけ貰った!))
ゴールテント 再び 斉藤さん
北沢さん(お会いできなかったけど)
(ぬけてない?)

<応援 順不同>
五日市中学校体育館 マリリン
今熊神社(4.24k)マリリン
浅間峠(22.66k) 亀ちゃん
長尾平(58k) 亀ちゃん
御岳神社(58k過ぎ)稲村さん

==============================

最後までお読みいただきありがとうございました。
(今日全然社労士っぽくなくてすみません)
【“1日1回の”愛の1クリック】よろしくお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

<拙著のAmazonでの購入はこちらからです☆よろしければポチっとお願いします!>


冨樫が出版した本の一覧は→→こちらです。

※当ブログおよび当事務所ウェブサイトの内容に関するご質問については、
メール、電話その他一切のお問い合わせをお受けできませんので何卒ご容赦ください。
内容についても(特に古いものについては)度重なる法改正がありますので、
現状ですべてが正しいものであるとも限りません。
ご質問等は、該当する行政機関等に直接お問い合わせください。
【出会いを大事に出来なかった、娘の大きな後悔】
こんにちは!

今日はあと少しでクライアントさんの要員計画がまとまります!
それが終わったら走ります。

先週は15キロね。
fb0402_1.jpg
1時間42分。
相変わらず亀級速度です。

今日はどこまで行けるかな~☆

さて、昨晩娘が号泣しました。

こんなメモを書きながら…
230410_1.jpg
(笑)
「なぜそこまで泣いてるのか?」
と聞いても答えられないくらい嗚咽していました。

話せない代わりに書いたのは一通のメモ
230410_2.jpg
そこには、塾の算数の先生への後悔の思いがつづられていました。

要約すると
【家庭の事情で退職してしまったんだ…後悔しちゃった…
ちゃんと勉強して(×冬期となっていますが誤りです)春期講習に行ってお別れや挨拶したかったな~。
もう一回会えないかな~。もう一回あって「ありがとう」を言いたい。】


実は、娘は塾の春期講習をリフレッシュのためにお休みしました。
原因は、そもそもその先生に宿題をやってこなかったことを指摘されたことがきっかけでした。

小学校5年の勉強は、4年生の2月から始まります。
娘は、カリキュラムが小学校5年になってから一気に問題集が解けなくなったのです。
そこで、宿題が全く手につかなくなって、答えを写して持っていったところ、怒られたのがこの先生でした。

娘はまさか塾に戻ってきたときに算数の先生がいなくなっているとは思いも寄らなかったのでしょう。
もちろん私も同じでした。

娘の算数の授業は先生と二人三脚、つまりマンツーマン。
(マンツーマン授業を選んだわけではなく結果としてそうなってる)
実は心の拠り所だった、唯一の女性の先生でした。

昨日の三者面談のとき、その話を聞いてショックを受けていたようで、家に帰ってから号泣。

幸いにも娘はその先生の住所や電話番号を聞いていました。

それならば、
「だったら、もう一度勉強することに決めたことを先生に手紙を書いて報告したら?
そして、きっと合格したら喜んでくれると思うから一所懸命やったら?」

ということで、しばらく勉強を頑張ることになりました。

いつまで続くか分かりませんが、
本人が「受験したい」という気持ちがある間は、続けさせてやろうと思います。
(今朝は既に【やる気があるか?】の問いにクビをかしげていたので、本当にいつまで続くか分かりません…)

人の出会いや別れなんて、
ちょっとのタイミングのズレで、
後悔してしまうようなことになるんですよね。

いい意味で娘にとって「一期一会」の大切さを勉強した出来事だったと思います。
この経験を生かして、人との出会いを大切に出来る小学5年生という1年を過ごしてもらいたいと思います。

しかし子どもの成長は早いもので…母親になってもう10年も経ってしまいました。
自分も母親として、この10年で何か変わったのでしょうか?
毎日見ている鏡では変化がわからないように、自分の変化は良く分からないものです。

ただ仕事は10年で随分変わったと思います。
あの頃は無職でした…資格もありませんでしたし…

時々忙しすぎて我を見失いそうになりますが、
今日も仕事があることに、感謝せずにはいられません。

さて、私も【リフレッシュ】のために走ってきま~す(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

【“東北へ届け!”愛の1クリック】お待ちしています。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村



社会保険労務士アキ・オフィスの東日本大震災支援
遺族基礎年金・遺族厚生年金・労災の遺族補償年金等支援プロジェクトの概要は→コチラへ
被災者の皆様または被災地の社労士の方で、必要な支援があったらぜひご連絡下さい!~無料で対応いたします~
連絡先:
TEL 048-780-2070
FAX 048-780-2071
info@aki-office.com
http://www.aki-office.com/

【ペ・ヨンジュンvs福山雅治(さんに日本一接近した社労士(かも?)】
こんばんは!
お疲れ様です。

皆さん結構仕事しているな~という実感です。
もれなく私も仕事中です(笑)

まだまだ頑張りましょう~♪

ということですが、ブログはせっかくなので年末らしく(?)特番のような内容で行きたいと思います☆

先日、笑っていいともにご出演なさった私のブログの師匠にお呼ばれして、
忘年会に行ってきました。

その詳しい模様は→店長の料理日記にございます。

あの感動をもう一度!
~笑っていいとも!そっくりさんカーニバル☆ペ・ヨンジュン編~

何回見ても笑ってしまいます。今年最高の笑いでした。

実際の社長と奥様はこちら☆
221229_1.jpg
お二人とも私より10個以上上なんですが、全く感じさせません。
お若い!!

お食事は美味しい~参鶏湯
221229_2.jpg

これまた美味しい~ビビンパ☆
221229_3.jpg

ほかにも沢山ありましたが既に店長のブログに掲載がありますので…(丸投げします)

店長も奥様もとても明るい方なので、お話が尽きず、あと3日欲しいといわれました(笑)
ありがとうございました♪

そのお話の中で、この福山雅治さんの年末大感謝祭のライブチケットの話になり…
221229_4.jpg
【恐らく相当高いぞ…ヤフオクで売って、韓国へ行ったほうがいいー!】
とおっしゃっていたのですが、ここはやはり韓国<福山さん。

横浜へ行きました~
221229_5.jpg
夜景がきれい☆

会場到着!
221229_6.jpg

お花が沢山~さすが人気者!
221229_7.jpg

今年はドラえもんにも出演した(らしい)ね。(私は見逃しました)
221229_8.jpg

座席はこちら~。
221229_13.jpg
赤丸のところ…ちょ、ちょっと随分いい席じゃない♪

なーんて徐々に足を進めて席に着くと、なんと前から2列目…
福山さんとの距離10~15メートル以内。
双眼鏡不要。モニターで見ることなし、すべて実物がはっきり!!

なんか…
すべての運を使い果たしたような感じ…

頭の上からいろいろと降ってきますし
221229_10.jpg
(戦利品)

一緒にいた友達なんて、
221229_9.jpg
福山さんの投げた、ピックが飛んできました…

さっきヤフオクで見たら、この値段…
221229_14.jpg
店長もその時に調べてくださいましたが、そのときより確実に値段が上がってます。

もはや年末ジャンボ宝くじは当らないと思ったほうがいいでしょう…

でもいいです。
こんなことは二度とないですから..

今年最後に福山さんからのお歳暮と
221229_11.jpg

キューピーマヨネーズ。
221229_12.jpg

ホンモノの福山さんは本当に素敵で面白い人でした。
今年もありがとう☆

♪目の前にあるこの仕事って~自分のためだけに見えるけど~
知らずに誰かを笑顔にすることが~あるかもしれない
-心colorより抜粋-

と、ご自分の歌詞を実現するかのように、私たちに笑いを元気をくれました。

ちなみに、今一番好きな歌はこちら☆
~虹~

元気でますよ~
ウォーターボーイズの主題歌だったな~。

☆日本ブログ村、社労士部門のランキングに参加中です☆
よろしければ【“愛”の1クリック】お願いいたします♪☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
コレを【1クリック】です☆
【日本一視察の多いスーパーの目標は“日本一働きたいスーパー”】
先日、週間ダイヤモンドを読んでいたら、
ハローデイという九州の中堅企業のお話が出ていました。

勉強不足で、こんなに優秀な企業のことを存じ上げませんでした。
売上規模530億円、16年連続増収増益。

目標に
0707_1.jpg
“規模拡大より【日本一働きたいスーパー】”とある。

このスーパーの社員が、ど~のこ~のという話より先に、
どんなスーパーなのか気になった。

インターネットで【ハローデイ】と打つと、出てくる…
【感動経営】というキーワード。

日経ビジネスオンラインの記事を読んでいくと、
すーーーごい楽しいスーパーであることが分かる。
な、なんなんだ、このアミューズメントパークのようなスーパーは!!
そして、やっぱり最後は【生活者の視点に立った売り場作り】という顧客目線。

一度是非行ってみたいわ~☆

日経ビジネスオンライン(下)では、1989年、売上高60億円、赤字1億円時代のことが書かれている。
そしてここに先代と子で話し合った結果、今の【日本一働きたいスーパー】という理念を生み出した根拠があった。

(以下、日経ビジネスオンラインより抜粋)


会社が傾いた要因は多角化にあった。それは、「株式公開」という久典氏の夢を実現しようとした結果である。その過程にあったのは、自分の夢を実現するという思いだけ。
会社で働く従業員を大切にするという姿勢はなかった。
「ありがとう」と感謝の気持ちを口にするが、その言葉に魂が入っていなかったのだ。
それに気づいた親子は、ハローデイを日本一、働きたいスーパーにすることを経営の目標に据えた。
それ以来、従業員を楽しませることに全力で取り組み始めた。



0707_2.jpg
そして、こんな記事になるわけですね。

では、どのようにその目標を会社で運用?しているのか?

・週3回、午前9時から朝礼(41店舗全部)
・朝礼は朝10分の業務連絡が主。
・最後に【笑いの練習】と【握手セレモニー】がある。
なんだそれは??????

1.【笑いの練習】とは、参加者全員が大声で【わーはっはっ】と笑うだけ。
(アニマル浜口さんの笑いビクス的??)

2.【握手セレモニー】は全員が輪になって、端から順番に【今日も一日頑張りましょう!】といいながら握手をする。

1の効果は、何年もやっているうちに笑顔が自然になってきてまた表情も穏やかになる。
客商売であるスーパーの大切な武器になっているそうです。

2の効果は、手を握ることで社員間の心理的距離が近づいているとのこと。

本部の人間は、店舗に居る人を明るく、元気に、感動させることが役目。
働いている人が笑顔になり、親切になることが、お客様の喜びにつながるのではないでしょうか?と結ばれている。

言葉もありません。
最高です。
こういう企業が大好きです。こういう企業を目指したいです。
サービス業だけに【サービス精神旺盛】な感じがします。

こんなことうちではできないよ~。
こんな理想言ったって、難しいよ~。
と言ってしまえば終わりですが、私は諦めません。

最初から【無理】と思ったら絶対に【無理】ですが、
同じサービス業(勝手に士業もサービス業と解釈)として、こうなりたいという目標にします。

きっとお店に買い物に行ったら、気持ちよ~くさせてくれるんだろうな~。
本当に行ってみたい、私にとっては九州にあるディズニーランドです。

では…【日本一働きたい社労士事務所】目指すか..
ハードル高すぎやしないかな…でも無理と決め付けないぞ!(←さっき言っちゃったばかりですし)

いや…でも、その前に…日本一食べたい社労士事務所の社員食堂なら出来るかもしれない☆
昨日は、エアコンを消し、“ベトナムの屋台~”と、
無駄なこと(いや、エコですよね?)をしながら汗だくで食べた、鶏肉のフォー。
0707_4.jpg

よし☆
私ではなく、うちのシェフに頑張ってもらおう。
私の仕事は、シェフのモチベーションUPかな~♪

さ、今日も頑張りましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆日本ブログ村、社労士部門のランキングに参加中です☆
よろしければ【“愛”の1クリック】お願いいたします♪☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
コレを【1クリック】です☆
【「人生の8割」を占める仕事だからこそ~祝☆ブログ仲間社労士の移転~】
おはようございます。
0702_0.jpg
今日の天気は??
この空では分かりません…曇り…??

朝マックの時間まで、あと1時間です。。
0702_3.jpg
今日は何にしようかなー(笑)
アイスコーヒー朝は無料でもらえます☆

さて、昨日、社労士仲間の方から
0702_4.jpg
おハガキをいただきました。

前にお会いしたときにお話してたことが…
いよいよ実現なのか…
0702_5.jpg

そんなお仲間社労士は..。
0702_6.jpg
とても優しくて、私は大好き♪ブログでおなじみの近藤明美先生

事務所移転おめでとうございます☆&ようこそ埼玉県へ☆(笑)

~以下は、近藤先生のブログより抜粋~
明日から、埼玉県越谷市に新事務所を開業します。移転ですが、気持ち的には開業です。
是非、お近くにいらっしゃった際はお立ち寄りください。

ということですので、越谷方面に行く際は遠慮なく襲撃させていただきます☆
もちろんスイーツ片手に~♪
ららぽーと新三郷もイオンレイクタウン越谷も近いので…。


…そんな冨樫の昨日のスイーツは。
0702_2.jpg
お中元で頂いた、マカロンとバウムクーヘン☆

お料理は…
0702_1.jpg
カジキマグロのフレッシュトマトソース~♪

最近すっかり食事を外で取る余裕がなくなってしまいました…
しかし、その時間をカットして仕事ができることに感謝しています。

昨晩グーグルの社員さんがテレビに出演されていて、社員食堂が無料だとおっしゃっていました。
やはり外に食べに行く時間がない&もったいないからだそうです。

人間に平等に与えられた24時間を、いかにして「人生の8割」を占める仕事に傾注し、かつ楽しむか?
そんな攻防を毎日「はい、喜んで~♪楽しんで~♪(たまにはきついー…と言いながら)」続けていきたいと思います(笑)

というわけで本日も、4時起きです~♪

今日の朝マックのメニューは、やっぱりソーセージエッグマフィンにしようっと。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆日本ブログ村、社労士部門のランキングに参加中です☆
よろしければ【“愛”の1クリック】お願いいたします♪☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
コレを【1クリック】です☆
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
830位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
26位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング