*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【トラブルにならない「会社に有利なルールの作り方」井寄奈美先生新刊】
こんばんは!

本日は、こちらを読ませていただきました

260324_1.jpg

お友達といっては大変おこがましいですが、
大阪から東京へいらしたときにお食事したり、
また、普段はいろいろとお話をさせて頂いている
大先輩の井寄奈美先生の7冊目の新刊

トラブルにならない
「会社に有利なルールの作り方」




です!



タイトルを見たときは「ドキっ」としましたが、
中身は至ってシンプルに、かつわかりやすく労働基準法の仕組みをどうやったら上手に使いこなせるか?
ということが書かれている本です。


決して、労働者を敵に回すような本ではありませんでした。


労使双方が、なんのトラブルもなく労働契約を結び、約束ごとを書類に残し、
円満に仕事をしていこうではないか?!
という意味で、この本を書かれたのだと思います。


「会社に有利な」という言い方をしているのは、
労働者=弱者という考えのもと、
労働基準法が労働者を保護する法律になっている関係で、労働者よりになっている部分が多いからだと推測致します。


本の中にもありますが、

労働者の給料は「時間」で決まります。

でも「時間」=「成果」ではありません。

でも、これを覆すことは出来ないのです。

いくら「成果」でお金を払いたくても、時間の給料が払われていないものは、認められないのです。
もちろん、時間分の給料を払った上での「成果」という上乗せは可能ですが…


そういったことを知った上で、給料を決めましょうよ!ということを指南してくれています。

また、採用してもすぐに能力を発揮できる人ばかりではありません。
そういった場合の給料の決め方も「慎重に決めていくべきだ!」ということをハッキリとおっしゃっていて、
「じゃ、いったいどうすればいいか?」という注意点を教えてくれます。

実例として挙げてくださっているものなのですが、
採用試験のときに「工場見学をさせる」という例。
これはなるほど!と思いました。
実際の現場を採用試験の段階でほぼ体験させることができれば、その組織の風土に合うのかどうか?
が見極められる確率が高くなるのではないか?と思い、私も実践してみようかと思いました。
(工場はありませんが…)

採用試験に何時間もかけてはイケないというルールはありませんので…
逆に、ここ(採用試験)が一番大事だと思うポイントは、時間をかけないといけないと思います。

採用試験でつまづいているレベルだったら、そのあとは…
はい、もうお分かりですよね(笑)
「問題社員化」していってしまいます…

悩みが増えます(汗)
アタマが毎日痛くなります…
夜、寝られなくなります…
四六時中「どうすればいいか」考えるようになります…
体を壊します…

だから、前処理が一番大切なんですよね。
そんなことを思わされました。


さて、更に、雇用に自信がない場合の方法の一つとして、
直接雇用だけでなく、「派遣社員」や「業務委託」などの制度の利用についても触れています。

最後のほうでは、解雇、問題社員の対処方法など、私も勉強になることがたくさんありました。
特に「組織づくり…」
これは、私の永遠の課題であり、まだまだできていないところです…

また読者限定で、ダウンロード対応可能な書式が豊富なのも魅力です♡

是非、経営者の皆様も、こういった人事のお仕事に就いている方も、従業員の立場の皆様も
読んでいただきたい一冊です。

Amazonで全力疾走中!(人事労務部門第1位のようで、スゴイです!さすが井寄さん☆)


最後までお読みいただきありがとうございました。

【“1日1回の”愛の1クリック】よろしくお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村




※当ブログおよび当事務所ウェブサイトの内容に関するご質問については、
メール、電話その他一切のお問い合わせをお受けできませんので何卒ご容赦ください。
内容についても(特に古いものについては)度重なる法改正がありますので、
現状ですべてが正しいものであるとも限りません。
ご質問等は、該当する行政機関等に直接お問い合わせください。
スポンサーサイト
【今日から成年後見人になりました-児島明日美・村山澄江著-】
こんばんは。

私の長年のお友達であるお2人が共著で本を出版されました!


250108_1.jpg





まずはおめでとうございます~。
この本を生み出すのに、大変苦労していた様子を遠目から拝見しておりましたが、
内容はわかりやすく、シンプルに仕上がっております。


私のように「成年後見人って何をする人なんだ?」
という人でも、成年後見人が何をする人かがよく分かりました。

児島明日美先生(司法書士)は、かねてから
「老活」という言葉で表現されていらっしゃいましたが、
成年後見、相続、遺言についてチカラを入れてらっしゃいます。

村山澄江先生(司法書士)については、成年後見人・保佐人・補助人にがっちりチカラを入れています。


お二人共、今後の老後に必要不可欠な存在であります。
(私もお世話になるかもしれません・汗)

これを読ませて頂いて、
成年後見人のやることって、
本当にたくさんあるんだなーと思い知らされました。

薄々感じてはいましたが、想像を超えました!


本の初回のコーナーでは、

・成年後見人になるためにしなければならないこと
・そのための一切の財産調査(有価証券、土地建物、借金など)と財産目録の作成
・年間の収支計画(年金・預貯金・家賃・公共料金、施設利用料、食費まで)の作成
などの紹介がありました。

これだけで、ゾッとしました(汗)


日常生活では、介護のような仕事はプロにお任せするのですが、
そういった契約をするのも、成年後見人の仕事。

財産の管理(日々の収支管理)もありますし、
また後見人は、「定期報告」といって、成年被後見人の現況を裁判所に報告する義務があります。
これが、約1年に1回。

しかし、1年に1回とはいえ、日々の日誌をつけておかないと、
報告書の作成はスムーズに行かないとも書かれております。
日々の積み重ねが大事ですね…


また、第4章では
施設への入所契約等についても触れています。

施設と一言でいっても、
・有料老人ホーム
・サービス付き高齢者向け住宅
・介護老人福祉施設
・ケアハウス
・介護療養型医療施設
・養護老人ホーム
・認知症高齢者グループホーム

などさまざまあり、どれが一番自分にとっていいものかなんて、本人にはまったく区別がつきません。


こういったところについても、アドバイスをしています。
この分野は、ケアマネージャーなどがプロですから、
そのプロと相談した上で、本人が決めた施設に入所するときには、
成年後見人の出番!というわけです。
契約者は

成年被後見人○○○○
成年後見人 ▲▲▲▲
といった具合です。


また、本人が相続人になってしまったという場合は、
成年後見人が遺産分割協議に参加して、上記のように記名押印をするそうです。


成年後見人の仕事は山のようにありますから、
一人で、多くの方の後見人になるのはとてもハードそうな気がしてなりません…

このお仕事をきちんとしているお二人は尊敬モノです。
たまに、「おばあちゃんに可愛がられている話」を聞くと、ほっこりします♪


この本の中にも書いてありますが、
最近は、高齢になってからの「おひとりさま」が増えてきていて、
ますます成年後見人が必要な時代になってくるでしょう。

これだけやることが多いと、
法律家が成年後見人になるのがいいのかな?とも思いますが、
親族も後見人になることもあるでしょう。

実際、成年後見人の割合は48.5%が親族だそうです。


この本が、一人でも多くの方(特に一般の方)のお手元に届き、
ご親族に万一があって、成年後見人にならなければならないとき、必ず助けになると思います。


しかし、裁判所に行くことや登録免許税とかの費用を揃えたりするなど、
考えるだけでほんとうに頭が痛くなりますね…

乗り越えられそうにないときは、
専門家(児島さんや村山さん)にお任せするのが一番かもしれません。

きっとご家族は、もしご親族がそのような状況になったら、
その他にもやらなければならないことがたーくさんあると思いますので…


ちなみに、私のような「おひとりさま」は完全にあすちゃん、すみちゃん頼りです(*_*;
どうぞ末永く見守ってください。おふたりとも、よろしくお願いいたします♬

最後までお読みいただきありがとうございました。

【“1日1回の”愛の1クリック】よろしくお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村





Ane(アネ)会でカロリーウォークプラス体験掲載中!
大人の女子会を楽しむためのWEBサイト
【Ane(アネ)会】のモニターとして、
履くだけでシェイプアップする靴の体験談を
お話させていただいております☆


※当ブログおよび当事務所ウェブサイトの内容に関するご質問については、
メール、電話その他一切のお問い合わせをお受けできませんので何卒ご容赦ください。
内容についても(特に古いものについては)度重なる法改正がありますので、
現状ですべてが正しいものであるとも限りません。
ご質問等は、該当する行政機関等に直接お問い合わせください。
【松山純子先生の「障害年金をもらいながら働く方法を考えてみませんか?」発売】
こんにちは。

いつもお世話になっている、
松山純子先生の
「障害年金をもらいながら働く方法を考えてみませんか?」
を読ませて頂きました。

250723_1.jpg
(なぜヨガマットの上にあるか?は、ご想像にお任せです(汗))

この本は、原則、社労士向けに書かれた本ではありません。
多くの方に、「障害年金」という制度を知って貰いたいために、松山先生が平易な言葉で
なるべくわかりやすく、をモットーにまとめられた本です。
(中には少し、社労士のかかわり方を書いてあるところもありますが、それは多くの方に社労士という存在を知ってもらうこと、また、社労士が障害年金の手続きを代行してくれる、ということを知ってもらうための部分でもあります。)

松山先生…。
いつも仲良くさせていただいておりますが、言葉遣いも非常に丁寧な方で、
この本からも、その心遣いが伝わります。

松山先生の「生涯」は、「障害者」とのふれあいの連続と言っても過言ではありません。
(オヤジギャグではありません。)
ずーっと障害者支援、施設に勤務したり、
社労士になってからも最初から
障害年金手続きで毎日走ってます日記」というブログを書きづつけているくらい、
ずーーーーーっと障害年金の受給支援活動を続けられています。

私はこの本の中にある、松山先生が立ち上げた
「障害年金実践研究会」のメンバーです。
そこでは、松山先生の数々の事例をお聴きしてきました。

また、数々のご苦労も伺ってきました。
いつも聴いていて思うのは、
「根気よさ、粘り強さ、正義感、そして、何より強い精神力」が、障害年金の手続きを代行する社労士には必要です。

この本を読んでいると、松山先生のそのあたりの心意気が手に取るように分かります。
「この人になら、お任せ出来る」と思うと思います。

そして、最後の章は本当に感動的でした…
ネタバレになってしまうのであまり言えませんが、
p199からp207までの、「障害年金を通して学んだこと」は、
自分が忘れかけていることも思い出させてくれました。

生きてることがどんなに素晴らしいことか。
仕事に就けることがどれだけ素晴らしいことか。
必要とされていることがどれだけ素晴らしいことか。

「障害者に生きる希望を与え続けるヒト」松山純子先生。

本当にいいお仕事してるなあと、本書を読んで改めて思いました。

障害年金は簡単にもらえるものではありません。
この本の中にあるように、とてもとても多くの資料や考えが必要とされます。

周りの方で、少しでも障害?という言葉が浮かんだら、ぜひ読んでいただきたい本です。
なにか希望の一筋が見えるかもしれません。




発売日の翌日に、ご本人のところまで駆けつけて、本を奪ってきました(←嘘です・笑)
250723_2.jpg

「サイン書いて!」ってお願いしといたのにさぁ…(TдT)
忙しいんだよね、「毎日走ってます」から(笑)

今度の「障害年金実践研究会」で頂きます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

【“1日1回の”愛の1クリック】よろしくお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村



Ane(アネ)会でカロリーウォークプラス体験掲載中!
大人の女子会を楽しむためのWEBサイト
【Ane(アネ)会】のモニターとして、
履くだけでシェイプアップする靴の体験談を
お話させていただいております☆


※当ブログおよび当事務所ウェブサイトの内容に関するご質問については、
メール、電話その他一切のお問い合わせをお受けできませんので何卒ご容赦ください。
内容についても(特に古いものについては)度重なる法改正がありますので、
現状ですべてが正しいものであるとも限りません。
ご質問等は、該当する行政機関等に直接お問い合わせください。
プロフィール

気がついたら男前になってしまった女性社労士♪

Author:気がついたら男前になってしまった女性社労士♪
平成18年10月より社労士開業中の冨樫晶子です。平成21年4月には、もともと持っていた行政書士の登録を完了。年齢は…かれこれもうすぐアラフィフ、熟年。一応名ばかり「女性」社労士で中身は男前と言われ続けること10年…(-_-;)。2014年3月からトレイルランニングを続け、ますます男前に磨きがかかり現在に至る。
仕事に対する姿勢は迅速親切丁寧を心がけ真面目にやっています。(本人の主観ではありますが…)

★事務所HP★

各種お問い合わせは下の画像を

クリック!

HPからどうぞ^^


著書&登場した書籍
★新刊 H26.3.13発売★








マネーの達人
コラム書いてます。
以下をクリック☆
FC2カウンター
日本ブログ村
☆社労士部門ランキング参加中☆
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
最新記事
できる!社労士

私のインタビュー記事が

掲載されております。

以下の画面をポチっとしてご覧ください。


クリックだけで救える命がある。
1日1クリックお願いします。
クリックで救える命がある。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
19位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
書籍・雑誌の執筆や掲載履歴

【執筆・監修・インタビュー掲載情報】



【Steady 2014.9月号】


2014年8月7日(木)発売

p104~p107

「働くママの理想と現実」

に取材記事掲載



【H26.3.13発売の3冊目の新刊】



【初の著書】



   【自力本願で社労士】


どうぞよろしくお願いします。

平成24年7月25日 発売

定価 1,200円(税別) TAC出版




【2冊目の著書】



【スゴイ社労士が教える戦略的仕事術】

(共著)


こちらもどうぞよろしくお願いします。

平成24年8月2日 発売

定価 1,500円(税別) アニモ出版



週刊朝日H25.7.19発売


臨時増刊「50歳からのお金と暮らし」取材・監修致しました。

・年金p102-p109

・定年後の収入p116-117





週刊朝日H25.4.26号


あなたは大丈夫?

「こんな人の年金が危ない

    Q&A実例集」p22

にコメントさせていただきました。





【無敵の社労士2013年合格目標】


こちらもよろしくお願いします。

定価 998円 TAC出版



TAC社会保険労務士講座

2013年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。





週刊朝日H23.11.4号


「年金支給開始年齢が68歳に?」

のコーナーにコメントを掲載させていただきました。



イオンクレジットサービス

会員誌mom H23.9月号 p36~p37

【ちゃんと調べて助成金・給付金

        確実にゲット!】

に取材記事が掲載されました。



TAC社会保険労務士講座

2012年パンフレット


実務家インタビューに

取材内容が掲載されています。



通信教育フォーサイト様

平成23年7月の

【実務家密着取材】

の記事が掲載されました。



読売新聞

平成23年5月14日


遺族年金支援で被災者を支援

取材記事が掲載されました



開業社労士専門誌SR

平成23年3月5日号


「もはや士業の常識!?

インターネット関連ツール徹底活用術」

を執筆させていただきました。






開業社労士専門誌SR

平成22年3月5日号


「開業当初に陥りやすい落とし穴」

を執筆させていただきました。



TACNEWS

H22.6月号p18~p22


【働く女性、応援します!社労士編】

の取材を受けました。



日経BizCOLLEGE

H22.5.19


職場を生き抜け!

【第114回】女なら俺を超えられないだろう…

~男の深層心理にあるであろう思い~

の取材を受けました。



月刊 ビジネスガイド

H21.11月号(H21年10月10日発売)


【助成金の落とし穴】

について執筆しました。




月刊 人事マネジメント

H21.6月号p106~p113


【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A~労務トラブル対策~】

の取材を受けました。



月刊 人事マネジメント

H21.3月号p107~p113

【外国人雇用の実務 ホンネでQ&A】

にインタビュー記事が掲載されました。

ドラマ「Woman」インタビュー記事掲載
満島ひかりさん主演 日本テレビ系、水曜夜10時のドラマ「Woman ~輝くシングルマザーたち~」の取材を受けました
インタビューはこちらをクリック!
有休ママ
有給休暇を管理するソフト
企画・監修を担当!
ママをクリック!
検索フォーム
RSSリンクの表示
記事ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。